脂肪溶解注射は、料金がどれぐらいなのか、おすすめのクリニックはどこ?、選び方がわからない、など気になることが多いですよね。

脂肪溶解注射は、きちんとクリニックを選べば、安い料金でも大きな痩身効果を得ることができます。また痛みやダウンタイムなどに苦しむことも少ないです。

ここでは、脂肪溶解注射を打つクリニックの選び方をはじめ、おすすめクリニック、施術の流れ、施術前に気になること、などを詳しく紹介していきます。

脂肪溶解注射は、お腹周りや太もも、二の腕など、ダイエットだと落としにくい箇所の部分痩せが簡単にできます。

脂肪溶解注射とは?どんな施術なの?

部分痩せができるということで人気の脂肪溶解注射治療ですが、一体どのようなメカニズムなのでしょうか?

脂肪溶解注射とは、いわゆる脂肪を溶かす有効成分が含まれた薬剤を注入することによって、脂肪細胞の分解、溶解が起こり、皮下脂肪が減少し、結果的に痩せることができるというもの。

分解され溶けた脂肪は血中を通り、汗や尿となって体外に排出されます。

この治療法は一般的に「メソセラピー」とも呼ばれ、部分痩せダイエット方法として有名な脂肪吸引よりも手軽にできる事で人気になりました。

ですが、そもそも脂肪吸引施術は専用の針によって直接脂肪を吸い出すというもの。

脂肪を減らしたい箇所に脂肪を溶かすための有効成分を注射する、脂肪溶解注射とは根本的に施術概念が異なります。

どちらにもメリットとデメリットがありますが、共通しているメリットは特定箇所のみの脂肪を落とせることと、リバウンドしにくいことです。

1回の施術で効果が出やすいのは脂肪吸引と言われていますが、それだけリスクもあり、傷の痛みや内出血、不快感が続く可能性があります。

一方脂肪溶解注射の場合、1回の注射では効果は期待できず何回か続ける必要がありますが、身体への負担は少なく、当日から入浴や普通の生活ができるほど。

中には注射箇所が少し腫れてしまう方もおられるようですが、何日かで治まります。

どのメリットを重視するかで選ぶ方法は異なりますが、クリニックの評判や技術力、自分に合っている手段かどうかを事前のカウンセリングで確認する必要があるでしょう。

脂肪溶解注射のメリット!

人気がある脂肪溶解注射ですが、どのようなメリットがあるのでしょうか?

一つずつ、詳しく見ていきましょう。

特定箇所が痩せられる

通常のダイエットは自分の望んだ部分だけ痩せるというのは難しいですが、脂肪溶解注射なら思い通りの部分痩せが可能。

二の腕や太もも、お腹周りなどが多いですが、頬などのフェイスラインでも可能。

傷跡も残りませんし、特定箇所だけ痩せることができるのは、脂肪溶解注射の最大のメリットと言えるでしょう。

施術時間が短い

大抵の場合、どの美容クリニックでも脂肪溶解注射の施術時間は10分程度と短いものです。

入院したり、長い時間を来院に取られることがないので、働いている方でも昼休みの合間に受けるという方さえおられます。

体の負担が少ない(ダウンタイムがほとんどない)

脂肪溶解注射は脂肪吸引などの施術とは違い、身体にメスを入れることはなく注射だけですから、身体への負担は少ないと言えるでしょう。

注射嫌いの方にとっては試練ですが、大掛かりな施術ではないので、身体、精神的な負担双方を抑えられます。

脂肪溶解注射を受けるクリニック選びのポイント

脂肪溶解注射を行っている美容クリニックは、実に沢山あります。

どこを選ぶかという基準は人によって様々で、価格、評判、通いやすさ、医師やスタッフの対応、店の清潔さなど決定ポイントは異なります。

ただ一番大事な事は、脂肪溶解注射施術を失敗しないために必要なポイントを抑えておくことです。

ではここから、脂肪溶解注射を受けるクリニック選びのポイントについて、詳しくご紹介していきます。

実績、症例などが豊富なこと

脂肪溶解注射の施術は、美容クリニックの中では難しい分野の施術ではないようですが、それでも医師の技術や実績によって仕上がりに差が生じるのは否めません。

ですから、クリニック選びの際には脂肪溶解注射の施術の実績や症例を多く経験しているクリニック、もしくは医師を選ぶべきです。

それは実際にダイエット効果を得た患者の口コミや評価でも判断できますし、クリニックの実績年数、医師の経歴などからも分かるはずです。

経験豊富な美容外科の医師によるサポートが充実しているクリニックを探すことができれば、仕上がりの保証は得たも同然です。

成分や濃度などを確かめること

脂肪溶解注射の施術で使用する薬剤は、クリニックによって異なります。

成分や濃度の使用基準も違いますし、成分の混合度合いも異なります。

そのため、脂肪溶解注射の副作用や安全性も様々。

ほとんどのクリニックでは、公式HPやサイトで使用している脂肪溶解注射の成分や薬剤名を公開していますから、自身でも基本的な情報を調べておくと良いでしょう。

必ず、安心して施術を受けられる薬剤を使っているクリニックを選んでください。

料金をみる

脂肪溶解注射の施術料金は、ピンからキリまであります。

通常の施術回数を6回としても、最低25,000円程度から最高70,000円以上にもなります。

しかも薬剤の種類によっても価格は異なるので、一概には言えません。

ただ相場はある程度決まっているため、余りに安すぎる場合は警戒した方が良いかもしれません。

中には正規品の薬剤を使っていなかったり、資格がない医師が施術する場合に安い料金で客引きしていることもあるようなので、価格だけでクリニックを決めないようにしましょう。

通いやすいところ!

脂肪溶解注射は1回の施術だけでは効果は出ません。

何回か続けて打たなければならず、通院の必要があります。

そのため、通いやすいクリニックを選ぶのが最善です。

駅チカ、家から通うのに便利、商業施設に入っているなど文字通り通い安い立地ももちろんですが、スタッフの対応が良いなどの通いやすさも大切!

感じの悪いクリニックだと通うのも億劫ですが、気持ちよく対応してくれるクリニックであれば通院が必要でも苦にならないことでしょう。

地域別にクリニックを探したい方は以下を参考にしてください。

東京 大阪 名古屋 福岡 札幌

脂肪溶解注射おすすめクリニック8選

ではここから、脂肪溶解注射を受けれるおすすめのクリニックを8つご紹介していきます。

それぞれのクリニックの特徴や魅力も解説していますので、クリニック選びの参考になさってください。

湘南美容クリニック

美容クリニック業界でもよく知られている、湘南美容クリニック。

認知度はもちろんのこと、施術実績と経験度はピカイチです。

湘南美容クリニックで脂肪溶解注射として用いているのはBNLS neoですが、含まれているのは9種類の有効成分。

安全性が高く、しかも3日程度で効果が現れるという即時性も魅力の一つです。

その上、お値段はリーズナブルなので手軽に脂肪溶解注射に挑戦できます。

・料金:1本(原液1cc)10cc以上注入の場合:3,030円(税込)

10cc未満注入の場合:3,660円(税込)

品川美容外科

痩身治療で高い実績を積む、品川美容外科。症例数は何と20万件に届く勢いの人気があります。

品川美容外科が使っている脂肪溶解注射はエバー・スリムと言い、従来の脂肪溶解注射よりも腫れや痛みを極力抑え進化した、最新の脂肪取り注射です。

一度痩せた後もリバウンドしにくいのが特徴で、他のダイエット方法を試すよりずっと価値があります。

また施術によるリスクもほとんどなく、翌日には効果を実感できます。

・料金:

二の腕・両腕:(60cc)141,000円

上腕全周:(100cc)235,000円

両肩:(20cc)117,500円

背中:(180cc)423,000円

お腹:(90cc)211,500円

ウエスト左右(60cc)141,000円

お腹全体:(150cc)352,500円

腰:(45cc)105,750円

お尻:(90cc)211,500円

太もも:(360cc)846,000円

両ひざ:(20cc)47,000円

ふくらはぎ:(120cc)282,000円

※これは脂肪量が通常の方の目安料金です。

脂肪が少ない方はこの金額より安くなりますし、多い方は高額になりますのでご注意ください。

東京美容外科

腫れにくい脂肪溶解注射を得意とする、東京美容外科。

施術後に気になる腫れや熱感などのリスクが低く、初めての方でも安心して受けていただけます。

BNLS注射の24時間後には、脂肪細胞の30%が減少するという驚異のパワーを持ち、効果を最短3日で実感できます。

そのようの効果が早いため、次の治療も1週間程度の間隔で行え、治療全体が少ない期間で済むのもありがたい点です。

・料金:1本(初回限定)4,900円
(2回目から)9,800円

二の腕限定10本:(初回)80,000円
瞼・鼻:1本15,000円

表参道スキンクリニック

部分痩せはもちろんですが、特に小顔治療に力を入れている表参道スキンクリニック。

他のクリニックよりも小顔注射の対応範囲が多く、鼻や唾液腺肥大などを含め約10カ所の部位の部分痩せが可能です。

1回の施術自体にかかる時間もわずか5~10分ほどですので、身体にも気持ち的にも負担が少ないはずです。

無料メール相談なども受け付けてくれているので、不安な点は気軽に質問できます。

・料金:BNLS neo:(1cc) 19,800円

(初回価格) 9,800円

1dayスリムフェイス:1本(1cc) 5,900円

(初回価格) 3,900円

1dayスリムボディ:1本(1cc) 4,900円

(初回価格)2,900円

銀座よしえクリニック

こちらも切らない小顔作りや顔痩せを得意としている、銀座よしえクリニック。

従来の脂肪溶解注射の主成分とは異なり、BNLSは植物施由来成分が主成分のため、腫れや筋肉痛のようなリスクはほぼ見られません。

銀座よしえクリニックでは、最初にリリースされたver1.0の改良版の新型とver.2.0およびBNLS neoを使用していますが、特徴が異なるため症状に応じて医師が判断します。

顔面の脂肪溶解注射も、唇以外の皮下脂肪は全て対応していますので、まさに理想の小顔を手に入れることができます。

・料金:(1本~4本) 1本あたり:15,000円(税抜)

(5本~9本) 1本あたり:12,000円(税抜)

(10本~19本) 1本あたり:10,000円(税抜)

(20本以上) 1本あたり:8,000円(税抜)

共立美容外科

経験がある医師が多いことに定評がある、共立美容外科。

メディアにも露出が多いため有名ではありますが、患者の信頼を得るための努力も惜しまないクリニックです。

脂肪溶解注射の施術に当たる医師は全て、総合病院や大学病院勤務経験がある有能な人材ばかりで、施術の実績も積んでいます。

また共立美容外科には、日本形成外科学会が認定する日本形成外科学会専門医も多く、他院との比較として行うセカンドオピニオンにも対応可能。

患者の立場に立ったきめ細やかな対応が魅力です。

・料金:(1本)15,000円

(ローン価格)5,000円~/回数

城本クリニック

高品質の脂肪溶解注射使用をモットーにしている、城本クリニック。

脂肪溶解注射のBNLSがさらにパワーアップした、BNLS neoを使用しています。

薬剤はすべて正規ルートで入荷し、しかもリーズナブルな価格で安心感とともに患者さんに提供しています。

他のクリニックと同じく、痛みや腫れのリスクも少なく、初心者でも心配なく施術を受けれます。

・料金:BNLS:小顔(1本):9,800円

ボディー(1本):7,500円

聖心美容クリニック

聖心美容クリニックでは、新開発された脂肪溶解注射FatX(ファットエックス)を使用しています。

従来の脂肪溶解注射を改良し、脂肪細胞を小さくさせ、その上脂肪細胞の数を減らせるという優れもの。

脂肪細胞そのものをなくしていくため、リバウンドしにくく、痩せやすい体質に変化できます。

顔にも対応できますが、どちらかというと聖心美容クリニックでは体の部分痩せに力を入れている様子。

他のダイエット方法でもダメだった方でも、ぜひ試していただきたいメニューです。

・料金:両頬1回:40,000円

あご下1回 :40,000円

両頬+あご下:1回 72,000円

二の腕1回 :60,000円

腹部(上腹、下腹、側腹)1回:60,000円

太もも(外側、内側、前面、後面)1回:100,000円

ひざ上1回:100,000円

ひざ(内側)1回:60,000円

お尻(臀部)1回:100,000円

ふくらはぎ1回:100,000円

足首1回:48,000円

施術の流れ

ここからは、脂肪溶解注射の施術の流れを具体的にご紹介したいと思います。

①WEB予約

まずは事前のカウンセリングを受けるための予約が必要です。

ほとんどのクリニックはWEB予約が可能ですから、簡単に申し込めます。

その他にも電話やメールでの予約が可能なクリニックも多いので、方式のホームページかサイトで確認してみましょう。

②カウンセリング

実際に来院し、カウンセラーや医師と事前のカウンセリングを行います。

クリニックによって当日そのまま施術できるところと、後日になる場合があり異なります。

カウンセリングでは、脂肪溶解注射が適している体質かどうかの判断と施術の内容や順番、またメリットやデメリットの説明があります。

内容に納得でき、施術を受けたいと思ったなら施術申込書や承諾書等の記入に移ります。

③施術

施術室に移動し、特に痛みに弱い方は麻酔を行います。

麻酔が効いてきたら、施術が始まります。

希望した箇所に注射が行なわれ、10分~15分で完了します。

④アフターケア

脂肪溶解注射は気軽に行える施術のため、当日にシャワーや入浴もできますし、メイクも問題ありません。

お酒などの制限もありませんし、普段通りの生活が送れます。

クリニックによっては、定期検診によってできる限り術後の経過観察を行い、施術後にも問題がないことを確認してくれるところも多いようです。

このようなアフターケアの料金は手術費用に含まれていますので、不安な点や気になることがあれば必ず相談しておくとよいはずです。

また、脂肪溶解注射後に効果的なマッサージの方法を教えるアフターケアを取り入れているクリニックもありますので、活用してみましょう。

脂肪溶解注射の副作用や症状

気になる部分だけ痩せれるなんて何とも魅力的な脂肪溶解注射ですが、まったく副作用がないというわけではありません。

とはいえ、効果が高い薬剤には必ず何か大きなリスクがあるものですが、脂肪溶解注射の場合大きな弊害というほどのものではありません。

一般的に考えられる副作用というのは、

・軽い腫れ

・軽度のむくみ

・内出血

・軽い痛み

・熱感

・頭痛

・お腹をくだす

などがありますが、誰にでもというわけではないので一概には言えません。

また、もしこのような副作用が表れてもほとんどの場合、その日のうちにもしくは2,3日で引いていきます。

稀に症状によっては1週間以上かかることもあるので、その時はクリニックに連絡して対応してもらいましょう。

脂肪溶解注射をおすすめしない人

脂肪溶解注射は誰でも受けれるわけではありません。

体調や持病によっては大きな影響を受けることもあり、事前のカウンセリングでのチェックを通過すしければ施術には進めません。

ですから、脂肪溶解注射を受ける前に知っておくべき注意点を理解しておきましょう。

大豆アレルギー持ちの方は打てない

脂肪溶解注射で使用される薬剤の中には、大豆由来の成分が使用されているため、大豆アレルギーの人は施術を受けられません。

全員ではありませんが、かなり高い確率でアレルギー症状を発症する可能性があるからです。

妊娠中、もしくは妊娠の可能性がある方、授乳中の方は不可

現在、胎児や赤ちゃん、母体に何かの悪影響があったという報告はありませんが、万が一のため多くのクリニックでは施術を控えています。

リスクをあえて負う必要はありませんから、それ以外の時期に施術を受けることをおすすめします。

当日に体調不良の場合は見送り

体調の度合いにもよりますが、状況によっては医師の判断で後日ということになる場合もあります。

特に何かの副作用が出るわけではないですが、クリニックではリスクとなる状況はなるべく避けます。

1回で終わるものではない

脂肪溶解注射はたった1回の施術で効果が出るものではありません。

顔などの部位の小さな箇所なら、稀に1回でも良い場合もありますが、大抵は最低でも3回の施術が必要です。

その為、時間も手間もお金もかかるのは言うまでもありません。

また脂肪の量によっては、多ければ通常料金より高い金額を提示されることもあります。

満足の行く仕上がりを手に入れるためには、ある程度の支出も覚悟しておかなければなりません。

まとめ

手軽に脂肪が落とせることで人気がある脂肪溶解注射ですが、決してどのクリニックでも良いというわけではありません。

医師やクリニック自体の実績や経験値は、仕上がりに大きな差をつけるものです。

価格やカウンセリングの充実度、注射の成分の質、クリニックの雰囲気、医師との相性など人によって見極めポイントは様々ですが、後悔しないクリニック選びは時間をかけて行いましょう。

無料のカウンセリングや口コミ、評判なども考慮して、安心して施術を受けれるクリニックを絞るようにおすすめします。

 

タイトルとURLをコピーしました